無人航空機(ドローン) FPV(目視外飛行)承認 申請代行サービスのご案内

 

弊所は、アマチュア無線で楽しむRC、FPVで有名な戸澤洋二技術士事務所と業務提携し、改正航空法のFPV(目視外飛行)承認申請の代行サービスを行っております。

FPVを楽しむためにアマチュア無線の従事者免許資格を取得し、更には5.8GHzのVTXの申請をして無線局免許状を取得しても、今度は国交省の承認申請が必要と・・全く厄介な話ではありますが、法律なのでなんとも仕方がありません。

戸澤洋二技術士事務所および行政書士八角浩史事務所ではすでに多くの団体、会社、個人の改定航空法への許可・申請の実績があり、趣味でFPV運用をするために国交省への「目視外飛行」承認申請をお手伝いをします。

このサービスの特徴は、FPV(目視外飛行)承認申請に特化することで、お得な料金設定をしていることです。


 

代行申請の流れ

報酬 25,000円(税込)

 

①下記事項及びデータを、戸澤事務所にメールしてください。

  1. 住所氏名電話番号メールアドレス
  2. アマチュア無線のコールサイン
  3. FPV 飛行をする場所(複数可)の住所(概略でよい)と地図(グーグルマップからコピーの上に飛行するエリアをマーキング) その場所が第三者に対して安全が担保されている要件(クラブの飛行場で、第三者は入ってこないとか、周辺に人家がないとか)
  4. 飛行される機体の詳細・・・機体の名称・仕様(サイズや重量等)、写真 複数可
  5. 操縦者(依頼者)のラジコン経歴・・・**年とか、FPV歴1年とか、10時間以上の経歴が要求されます。 **の認定書を所有しているとか、とにかく操縦実績のアピールが出来るもの。所属団体等があれば記入。別紙1に記入して添付ください。

②戸澤事務所から振込のご案内がありますので、下記口座にお振込みください。

  • 銀行名:みずほ銀行
  • 支店名:東青梅支店(745)
  • 種類:普通
  • 口座番号:1328047
  • 口座名義:トザワヨウジギジュツシジムショトザワヨウジ

③戸澤事務所及び当事務所で、申請書類を作成し国土交通省へ承認申請をします。

④2~4週間後に承認書が発行されますので、お客様に転送いたします。

以上が手続きの流れです。

なお、その他の留意事項です。

  • 1年間の包括承認です。
  • 次年度はまた申請が必要ですが、今回の申請書類を使えば基本的にご自身で申請が可能です。
    当方らでまた請負する場合の費用は\15,000を予定しております

 

--連絡先--
● 戸澤洋二技術士事務所
〒198-0041 東京都青梅市勝沼3-141-37   090-8648-6147
ytozawa@t-net.ne.jp

● 行政書士八角浩史事務所
〒299-3234 千葉県大網白里市みずほ台二丁目11番地1号 モール伊藤1階
080-7960-4949
hiroshi@hachihiro.com

 


 

なお、FPV以外の許可承認申請については、当事務所(こちら)で承ります。100件以上の実績がございます。是非ご用命ください。

また、ご不明な点等ございましたら、こちらからお問い合わせください。








 

無人航空機(ドローン)の飛行に関する許可・承認申請サービスはこちらです⇩