ドローンの機体情報・運行記録登録可能な「エンルートポータル」をスタート 

ドローンの機体情報・運行記録登録可能な「エンルートポータル」をスタート 

こういうサービス、増えてきてますね。

こちら特徴的なのは、「リモートアクセスユニット」、「飛行計画」、「データ作成」でしょうか。

「リモートアクセスユニット」をフライトコントローラーに接続することで、飛行した履歴をサーバーにアップロードしたり、補記類の健全状態の記録(現状は、通信機能を持つ日立マクセル製バッテリーのみ)を取ることが可能となっています。「運行記録」は、クラウド上で飛行の履歴を管理するため、航空局への報告書作成も容易となります。
 
「飛行計画」のサービスは、お客様に変わって、エンルートスタッフが測量などの飛行計画を立てるサービスで、現場のお客様は、作成された飛行経路を選択しダウンロードして運用するため、劣悪な現場でプログラムすることによるトラブルも低減できます。
 
「データ作成」のサービスは、撮影した写真から三次元データを作成したり、センサー情報のレポート化をするサービスで、サードパーティとの連携サービスとなります。

リモートアクセスは改正電波法施行後はリアルタイムでの記録も可能。

データ作成なんかは、リアルタイムにできたら農業でも活用できそう。

飛行計画は、通常事前にやりますが、現場に行ってみたら思いもかけないところに障害物あったりと、変更を余儀なくされる場合もありますし、そういう時に電波状態がわるければ助かるかもしれません。

今後このようなサービスはどんどん進化していくんでしょうね。

こういうサービスあるといいなというのがすぐに出来ていきますね。

 

無人航空機(ドローン)の飛行に関する許可・承認申請サービスはこちらです⇩

CATEGORY :

COMMENT ON FACEBOOK